自分にあった仕事を見つける|情報ゲッター

少ない

民間の求人は無料でできるところは少ないです

企業で人の採用を進めるときに必要となるのが、求人活動です。 企業の希望としては、有能な社員を採用すべく無料で求人活動をしたいと思います。 一般的に民間企業の求人は有料であることが多く、割と高額な場合が多いです。 以前は求人雑誌や新聞折り込みなどで求人情報を載せていました。 一つの区画で1回5万円程度とされていましたので、もし掲載号で人が応募してくることがなければ、採用には至ることなく費用も無駄になってしまいます。 以前より国のお墨付きがつくと言うことで無料の求人ができる場としてはハローワークが使われていました。 無料で、しかも国の機関で採用活動ができるため利用する企業は多いですが、求人票の内容と実際の契約時の内容がかけ離れていることが多いことが問題視されています。 必ずしも無料であることが企業にとってはプラスになっていないようです。

職安に求められる役割

無料の求人を実施できる職安に求められる役割は、国の機関であると言うことから企業にしてみれば、自社の労働条件について国からのお墨付きをもらったとも考えられていることから、職安窓口で受付の際に、より企業からの内容を厳密に審査する必要があります。 また、労働基準監督署とハローワークとは本来になっている仕事が異なることから職安の窓口で労働条件に関する企業の法令違反については指摘できないはずですが、最近は労働時間についての指摘をしているところから、労働基準監督署とハローワークの垣根を越えて、ブラック企業の求人票を受け付けることがないよう、また問題がある内容については水際でしっかりせき止めるような仕組み作りが求められています。